Homeスポンサー広告STAM>インデックス・ウォーズ STAMの逆襲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス・ウォーズ STAMの逆襲

2010.07.05 Mon

もうすでに多くののブログで話題となっているが、あえて紹介と感想を。

STAMがまさかの既存インデックスファンドの信託報酬を引き下げへ。

STAMインデックスシリーズ(8ファンド)の信託報酬率引き下げについて

『世界経済インデックスファンド』の信託報酬率引き下げについて


以前、『もし、STAMのマーケティング部長だったらどうする?(完)』という記事の中で、

純資産額がある一定の規模まで達したら、信託報酬を引き下げて投資家に還元してもいいんじゃないか、

というようなことを書いたことがある。


今回のSTAMの信託報酬の引き下げはどうだろう?

STAMのコラムによると、

今回の信託報酬の引き下げ理由は「受益者の皆様の利便性向上のため」と、ありがたい言葉があるが、純資産額は8シリーズ合計で2010年6月末現在約260億円。

ここ最近、STAMやeMAXISの月次資金流出入額を調べているマネパパとしては、今回の引き下げについて、

純資産額がある一定の規模まで達したから、信託報酬を引き下げよう!

というより、

信託報酬を引き下げて、純資産額をある一定の規模まで達成させよう!

と感じざるを得ない。

もし、仮にSTAMが赤字覚悟で信託報酬を引き下げたとしたら・・・

「危険な匂い」を感じる。

間違いなくeMAXISやCMAMの対抗策であると思うが、

eMAXISやCMAMも信託報酬をこれに対抗して引き下げたら・・・

インデックス戦争が過熱しすぎて、最終的には運用会社が元をとれず、

インデックスファンド自体が日本からなくなってしまうのでは。

とここまで(空気を読まず)かなりネガティブな感想だが、

この知らせを聞いた時、同時に、

『いちばん最初に(ネット証券向け)「インデックスファンド・シリーズ」を立ち上げた運用会社には、それなりの覚悟と、(マーケットシェアを取るまで)ある程度の我慢が必要だという認識があるのではないでしょうか。』

というカン・チュンドさんの言葉を思い出した。

(詳細は『インデックス・ファンドの本質!検索』をご覧ください。)

そして、このインデックス戦争に最後に生き残るのは、現在、劣性ともいえるSTAM?

と脳裏をよぎった・・・。

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
家計管理・貯蓄ランキング
 

スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

*しばらくは3つとも生き残るのでは?

それぞれの立ち上げ時においては、各社ともに意気込みを持って始まったと思われる
 3ファンドが簡単に償還→終了することはないと思っています。
そうそうに撤退という「不名誉な道」という選択はありえないのではないでしょうか。

それに、この3ファンド(間の競争)がネット上で注目を浴びていることは、各社のみなさんもよくご存じでしょうから。

*

世界のREITさんへ
私も3つのファンドと個人投資家が共存共栄できることを願っています。
ただ、採算の合わない信託報酬の引き下げの場合、最終的に自滅してしまうのでは・・・と心配しています。
ネット上で注目を浴びていることは間違いないのですが、ごく限られた一部の人しか注目していないことも事実だと思います。
もっと多くの人がインデックスに注目すると、純資産額も伸び、信託報酬も引き下げられて「良い循環」になると思うのですが・・・難しいですね^^;

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/85-4cdf1826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。