Homeスポンサー広告eMAXIS>三菱UFJ投信のファンドマネージャーについて不審に思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱UFJ投信のファンドマネージャーについて不審に思うこと

2010.06.09 Wed

『ファンドマネージャーの1日は、起床後、寝ている間にポートフォリオに組み入れている銘柄や資産が大きく変動していないか確認することから始まる。次に投資している銘柄や資産の価格の変動要因となるニュースや情報を手際よく収集、整理し、想定の範囲内か否かを確認する。投資判断した際には、その前提となった情報がある。キャリアが浅いうちはそこを言語化するのは難しいが、経験を重ねたファンドマネージャーは、投資判断し保有するに至った理由を言語化できる。ベテランの運用担当者は、投資対象資産の価格変動を引き起こす何らかの状況や要因を読み取ることができるのだ。』
(内藤忍・小松原宰明 共著 6月15日発売「投資信託は運用会社で選べ!」より抜粋)


前回の『eMAXISのファンドマネージャーについて不審に思うこと』の続き。

前回、前々回とeMAXISのサイトに公開されていたことについて批判的なことを書いた。

ファンドマネージャーの1日のスケジュールを公開するくらいなら、ファンドマネージャーのこれまでの経歴や経験年数を公開すべきだ!

と。

そんな中、

内藤忍さんとイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの小松原さんとの共著である「投資信託は運用会社で選べ!」が販売に先駆けてネットで全文無料公開する情報が入ってきた。(画期的です。)

(詳細は内藤忍さんのブログ記事「投資信託は運用会社で選べ!」を無料全文公開した理由をご覧ください。)


マネパパは早速、この「投資信託は運用会社で選べ!」を読んでみた。

そして、またもやがっかりした。


もちろん、この全文にがっかりしたのではない。

むしろこの全文が書かれている本を買いたいと思ったくらいの良書だ。(多分買うだろう。)


では、何にがっかりしたかというと、

三菱UFJ投信の運用体制を評価した項目である、

【ファンドマネージャー/アナリストの平均経験年数】が最低評価の「1」だったからだ。

もっと言えば、

最低の評価の「1」にがっかりしたというより、

その評価の元となる経験年数のアンケート調査に三菱UFJ投信が回答していなかったことに、

がっかりした。



経験年数N/Aと表示されていた。

このように経験年数を回答せず、最低評価の「1」を付けられた運用会社は31社中7、8社あったと思う。(詳細は本を買って確認してください。)

回答しなかった運用会社は「そもそも外部に答える必要はない」「公開されるとまずいな」等それなり理由はあると思うが・・・。

ちなみにSTAMの運用会社である住信AM、CMAMの運用会社である中央三井AMは経験年数を公開していた。

eMAXISが、三菱UFJ投信が、個人投資家の意見を反映させる姿勢を表立って示しているのであれば、

是非とも今回の調査に協力してファンドマネージャーの経験年数を公開して欲しかった。

とういより、公開すべきだったのでは?


といのもこの本の執筆者の1人は内藤忍さん。

ご存知の方も多いが、内藤さんは投信ブロガーとも親交が深い。

そして、すでにこの「投資信託は運用会社で選べ!」を発売前に全文を無料公開することは、すでにブロガーの話題となっている。

三菱UFJ投信の社長のインタビュー記事にあったとおり、ブロガーを通じて情報発信し、より多くの人の知識を深めたいのであれば、(詳細は『eMAXISのブロガーミーティングについて不審に思うこと』をご覧ください。)

なぜ、このファンドマネージャーの経験年数に回答しなかったのか?

こういうところから、本当の意味での「クチコミ」は広まっていくのでは?


繰り返し言うが、

ファンドマネージャーの1日のスケジュールを公開するくらいなら、ファンドマネージャーのこれまでの経歴や経験年数を公開すべきだ!


インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
家計管理・貯蓄ランキング





スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

*

三菱UFJ投信と言われても運用会社代表のイメージがありません。国内大手、海外運用会社と比べてしまうと二流というイメージです。三菱UFJ投信の資料を見ても上位との差を認めて如何に仲間に加わるかを強く意識しているようなので、彼ら自身もその自覚はありそうです。
オープン型の投信を見ても代表格『ピムコハイ・インカム毎月分配型ファンド』はピムコですし、もう一つの純資産総額が大きいファンドは『三菱UFJ 外国債券オープン(毎月分配型)』とインデックスファンド。
これだとFMの情報は出しにくいのでしょうね。



なお、三菱UFJ投信全体の話とeMAXISのブロガーミーティングの話は別物と考えた方がいいと思います。TPOを考えるとファンドマネージャの情報は不要でしょう。

各所でファンドはFMの名前や経歴を公開すべきという意見があり、私もこれには賛成です。
しかし、ブロガーミーティングでやる必要があるでしょうか?●●ミーティングのテーマや参加者の興味を考えたテーマが話されてもいいと思うのです。そのミーティングの会議資料がwebに公開されていた時にもっと重要な情報を開示しろというのは何か違うと思います。
厚生労働省が有識者を集めた給食費の題の会議資料をwebにアップしたとして「給食費なんて問題より重要な年金問題についての情報を出せ」というのは話が違うと思うのです。それは年金問題の会議のテーマであって、学校教育の給食費について考える会議の資料で公開されるものではないと思います。

ブロガーミーティングに参加してみて感じたのは、自身や他参加者はeMAXISの個別ファンドに特化した情報にあまり興味はないことです。eMAXISに関する情報を質問もするのですが、他にも横展開できるような情報がメインでした。質問を自由にできた場でもFMの経歴を誰も聞かなかったように参加者の興味の対象外でした。
つまり、ブロガーミーティングという会議体に限ればeMAXIS TOPIXのFMの経歴よりも他の情報の方が好まれたということです。
もちろん、関係者や状況が変われば必要な情報は違うと思います。eMAXIS TOPIXの購入を検討する際にはFMの経歴の重要度は上がります。
eMAXIS/三菱UFJ投信(というか運用会社)にFMの名前と経歴を公開せよというのは私も賛成ですが、それがブロガーミーティングという場所で公開されるべきテーマかといわれるとやはり疑問に感じざるを得ません。


内藤氏と言えば
マネックス証券で内藤氏とピクテの担当者によるピクテインデックスファンドシリーズのブロガー(Twitter含む)投資家向けセミナーもありましたが、ここでも三菱UFJ投信のブロガーミーティングを踏まえていたように感じます。
目論見書に載らない細かい部分まで伝えているのですが、FMの経歴や他にも当該ファンドだけに通用する情報はあまりなく、一般的な投信の仕組みとして汎用的な知識の話をされていました。投資信託の為替両替のタイムラグとか注文処理の流れとかそういう話です。でも参加者はそういう情報を興味深く聞いていましたし、ここでも(時間は短かったですが)質問タイムでもFMの経歴という話はでませんでした。
ブロガーミーティングということを考えると私はこれで正解だと思います。FMの情報や他にも欲しい情報はありますが、これは目論見書などに記述して欲しい内容で、ブロガーミーティングの中で言ってもらう必要は感じません。


ブロガーミーティングの参加者にとってブロガーミーティングの中での話の優先順位が「FMの1日」>「FMの経歴」と感じているならば、「FMの1日」の話をすべきでしょう。とはいえ、ブロガーの知りたいことのトップがFMの1日では無かったように思うので、これは主催者側のネタ選びもイマイチだったのではないかと思います。

*

吊られた男さんへ
何度も長文のコメントありがとうございます。
私はブロガーミーティングの場でFMの経歴を公開してほしいとは思っていませんし、そういう意味でブログを書いていません。目論見書にFMの経歴や運用体制のことを記載してもらえればそれで十分です。
インデックスのFMの経歴が何に対して重要かということを書いたつもりはなく、そんな簡単なことも出来ずに何が個人投資家の意見を取り入れるだ!、何のためのブロガーミーティングなんだ!と言っているのです。
何度もコメント頂いて恐縮ですが、これ以上、私が何かを書いても、それに対して先走った反論をしてくると思われるのでこれ以上のコメントは控えさせて頂きます。

あと、吊られた男さんのコメントを通じて、はブログで自分の主張したいことってなかなか伝わらないな、もっとわかりやすくブログで伝える工夫をしなければと感じました。
コメントありがとうございました。


*気をつけろ

吊ら男はカミツキの常習犯だ。変に反論するとヤラレるぞ!

*

通りすがりの者さんへ
実は、私の前ブログにも吊られた男さんからコメントを頂いたことがあります。その時は確か、発泡酒の「金麦」が好き、「生搾り」が好きとか、本当にほんわかな話題だったと記憶しています。
ブログではなかなか自分の言いたいことが伝わらない、まだまだ未熟者だなと感じると同時に、吊られた男さんとも実際会って、「金麦」でも一杯飲みながら語りあえば、少しはお互い言いたいことがわかりあえたのかって思いました^^;

*

そんなに絡むつもりではなかったのですが・・・スミマセン。

1回だけですがブロガーミーティングで出ていた者として、あのようなテーマをやられることに違和感はなかったので、そういうことを書こうとしていたら多くの取りとめもない文章になってしまいました。


実際会って、金麦ではなく、この場合はプレミアムモルツでも一杯飲みながら語りあえば良いのかもしれませんね。

*

吊られた男さんへ
前回の記事はもしかしたら、ブロガーミーティング参加者の反感を買うかもと思っていましたので、あまり気にしないでください。(決して参加者を批判しているわけではないのですが。)

ブログで何か伝えるって難しいですね。機会があればプレミアモルツでもエビスでも特別なビールを飲みながら語り合いたいですね。
ちなみに私の好きだった「生搾りみがき麦」はほとんどの店頭から無くなりつつあるので今は「金麦」派になっています^^;

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/72-5f9fa271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。