Homeスポンサー広告eMAXIS>eMAXISに惚れた理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eMAXISに惚れた理由

2010.06.05 Sat

『自分が買いたいと思う投信をつくろうと思ったんです。』
(eMAXISを企画した三菱UFJの鈴木さんの言葉 週刊ダイヤモンド2009年12月19日号記事より抜粋)


「もし、STAMのマーケティング部長だったらどうする?」ということで、過去何回かに分けてマネパパの妄想を書いてきた。

その時、ずっと思っていた。

STAMより、CMAMという強力なライバルが出現したeMAXISのマーケティング部長の方がタイムリーな話題じゃないかって。

「もしST」が終わったら、「もし、eMAXISのマーケティング部長だったら」という新たな妄想を書いてみようって思ったこともあった。


でも、やめた。


なぜなら、eMAXISのマーケティング部長は、より信託報酬の低いCMAMが現れても、その戦略を変えないはずだ。

そして、その戦略のおかげで強力なライバルが現れても慌てていないはずだ。


そのeMAXISの戦略とは?

個人投資家の意見を反映させる

ことだ。


そして、その個人投資家の意見を反映させる具体的なものが、

・ブロガーミーティング
・追加アンケート

である。


自分が欲しいと思う製品を作る、消費者の意見を取り入れて製品を開発する。

メーカーでは当たり前のこと。

でも、この当たり前のことが出来ていなかったのが投信業界だと思う。

自己紹介の投資歴でも少し触れているとおり過去に妻が毎月分配型のハイ・イールド債投信を掴まされた過去もあり、

投信業界には「自分たちが一番儲かる商品を売りつけているのでは?」と不審に思っていた。


そんな不審を払しょくしてくれたのが冒頭で紹介したeMAXISの企画者の鈴木さんの言葉であり、

eMAXISの登場がインデックス投資に目覚める1つのきっかけになった。


ちなみに、冒頭で紹介した週刊ダイヤモンド2009年12月19日号の記事には、

当時入社3年目の鈴木さんが販売にこぎつけるまで社内でかなり批判的な声もあがったことが掲載されている。

この記事を読んでますますeMAXISに惚れ込んだ。

惚れ込んだというより応援したくなった。

年齢はわからないがおそらくマネパパと同世代か、若い鈴木さんが熱心に販売までこぎつけたeMAXISを。

でも、そのeMAXISの戦略について、というか考え方に最近、少し不審に思うようになった。

続きは次回に。(毒を吐く予定。)

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
家計管理・貯蓄ランキング


スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

*

たとえば、レストランや喫茶店のような店では、
価格戦略と顧客サービス(コアなファンを増やす努力)の両方が当然に重要になってきますが、投資信託の場合どうなのでしょうねえ。

投資信託において、価格(コスト)以外の部分で「ファン」を増やすような営業方針が成功することがあるのかどうか。
けっきょくのところ、多数の消費者(投信購入者)は、専らコストばかりに注目して、ファンドを選んだり乗り換えたりしているのではないだろうか。
そんなふうに考えてながら、今後のマネパパさんの連載に期待します。

*

インデックス投信の場合、差別化が図りにくいので、保有コストか乖離率ぐらいしか比較のしようがないのですかね。

私はこの低コスト競争の行く末は結局、消費者(購入者)につけが回って来るのではと心配しています。
(心配し過ぎかなあ・・・?)

あと著名な方のブログをみていると、インデックス投資をしている人は研究熱心な方が多いように感じます。
もちろん、それは良いことなんでしょうが、裏を返せば、本来公開すべきものを公開していないのでブロガーが憶測したり、勉強しなければいけなくなるのでは。そしてそういう部分が結局、これ以上のファンが生まれない理由なのではと感じています。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/59-5e6e753f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。