Homeスポンサー広告家計・節約>「敗者のゲーム」100円

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「敗者のゲーム」100円

2010.04.25 Sun

今月号のダイヤモンド・ZAiと、日経マネーに、

「敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか」が紹介されていた。

長期投資、インデックス投資の古典的なベストセラー。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」と並ぶ名作。

これらの本を読んでインデックス投資に目覚めたという方も多い。

知ったのようのことを書いたが、2作ともまだ読んだことがない。

今のところ読むつもりはないが、

先日、「敗者のゲーム」を買おうかどうか迷うことがあった。



ブックオフに、立ち寄ったところ、

「敗者のゲーム」がなんと100円で販売されていた。

不朽不滅の資産運用のバイブルが100円とは・・・。

100円コーナーの片隅で眠っている、そんな「敗者のゲーム」が何気に愛おしくなった。


マネパパは「敗者のゲーム」に手を伸ばした。しかし、すぐに本棚に戻した。

そして、自分に言い聞かせた。


名作が100円とはいえ、買うつもりのなかった本だ。

読みたくなったら図書館で借りればいい。


ブックオフの100円コーナーに置かれているぐらいなので、

きっと図書館で誰にも借りられず待っているはず。


わずか100円でも節約。

日経マネー6月号の「家計長者の節約術」の特集記事が自分にも少し効いてきたかな^^

ちなみに
ZAiと日経マネーに紹介されていたのはこっちの新版。


ブックオフで100円で売られていたのはこっちの旧版。


インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
家計管理・貯蓄ランキング





スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

コメント

*

奇遇です。実は、私もブックオフで『敗者のゲーム』の旧版を100円で見かけたことがあります。

ただ違うところは、私の場合はすでに読んでいて購入しようと思っていたのでラッキーと思って購入してしまいました!!

*

すでに読んでいて購入しようとするほど、やはり良書なんですね。
パラーっとページはめくってみたのですが、何となく難しそうなので今回は見合わせました。
でも、自分の投資方法に迷いが出た時、バイブルとなる書があるということは、とてもいいことですね^^

*

はい、購入して繰り返して読みたいという意味で良書だと思っています。


読んでいない評価の高い本はやはり迷いますよね。。。。

私も良くこういう場面になってマネパパさんと同じように

手に取って戻してやるのでお気持ちが良くわかります。

*

「敗者のゲーム」機会があれば読んでみようと思います。

ちなみに今のところ、私の投資バイブルはカン・チュンドさんの「資産設計はポートフォリオで考える 投資信託35の法則」です。

初心者向けで読みやすいので結構、熟読しています。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/38-a2f9c64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。