Homeスポンサー広告ETF>ダイワのETF信託報酬引き下げ&売買単位も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイワのETF信託報酬引き下げ&売買単位も

2011.05.24 Tue

いい傾向ですね。

個人的にはETFの種類がむやみやたらに増えるより、こういうの方がありがたいし、

ETFの普及に繋がるのでは。


以下、モーニングスターより。

大和投資信託の「ダイワ上場投信」シリーズ計22本、売買単位変更と信託報酬引き下げへ

 大和証券投資信託委託はこのほど、ETF(上場投資信託)の「ダイワ上場投信」シリーズ22銘柄の信託報酬の引き下げと売買単位の変更を行うと発表した。信託報酬の引き下げは5月24日から、売買単位の変更は6月10日からとなる。

 各商品の変更内容は下記の通り。

【信託報酬の変更】

「ダイワ上場投資信託―日経225」 <1320> =0.168%(変更前0.231%)いずれも税込み、年

「ダイワ上場投信・TOPIX-17シリーズ(全17本)」 <1634> ~ <1650> =0.189(同0.294%)同

「ダイワ上場投資信託―トピックス」 <1305> =0.1155%(変更前上限0.2415%)同

【売買単位の変更】

「ダイワ上場投資信託―日経225」 <1320> =1株(変更前10株)

「ダイワ上場投資信託―トピックス」 <1305> =10株(同100株)

「ダイワ上場投資信託―トピックス・コア30」 <1310> =10株(同100株)

「ダイワ上場投資信託―東証電気機器株価指数」 <1610> =10株(同100株)

「ダイワ上場投資信託―東証銀行業株価指数」 <1612> =100株(同1000株)
提供:モーニングスター社




まずは、1320(ダイワ上場投資信託―日経225)。

日経平均対象の国内ETFでは、三菱UFJ投信の1346(MAXIS 日経225上場投信)の税込信託報酬、

0.1785%を抜き、形の上では、最安値に。

さらに、これまで購入に最低10万円近く資金が必要だったものが、約1万円程度に。 *現在の株価の場合。



そして、1305(ダイワ上場投資信託―トピックス)。

TOPIX対象の国内ETF、

三菱UFJ投信の1348(MAXIS トピックス上場投信)の0.0819%と

日興AMの1308(上場インデックスファンドTOPIX)0.0924%には、

及ばないものの、0.1155%とかなり良い感じに。

売買単位も同じく変更され、1万円もあれば買えるように。


信託報酬の引き下げもありがたいけど、売買単位も引き下げて、

零細個人投資家も購入できるような環境を整えることは、ETFの普及に大事だと思う。
(ダイワさんは少し遅れ気味だったようですが。)


野村のETF1306も、信託報酬下げないかな~。

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング


スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/261-e94ba856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。