Homeスポンサー広告投資信託全般>日本の投資信託環境は、世界と比べて何番目?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の投資信託環境は、世界と比べて何番目?

2011.03.22 Tue

中の上、らしい。

真ん中よりも少し良い、と。


前回の記事で、CMAMインデックスeの「その他費用」、いわゆる「隠れコスト」について触れましたが。

いつも感じていたのは、実質コスト率を運用報告書などでも開示してくれたらなってこと。


そんなこと思っていたら、少し興味深い記事を発見。

YOMIURI ONLINE “個人投資家幸せ度“日本は「中の上」


モーニングスター社が世界22か国を対象とした投資家の立場から投資信託の環境を、

1.法規、規制、税制
2.情報開示(目論見書や運用レポートの透明性、解りやすさなど)
3.コスト(手数料やファンド保有にかかる費用)
4.販売行為や販売方法・選択肢、メディア報道の透明性

の、4項目を調査し、A(良い)?F(悪い)で評価した報告書によると、

日本の投資信託を取り巻く環境は、

C+、

つまり、中の上、ということらしい。


ちなみに、同じC+には、イギリス、ドイツなども分類されているが、

アメリカは、A評価、

シンガポールはアメリカと同じA、タイはA-、

インド、台湾はB、中国はB-と、

いわゆる新興国市場と呼ばれる国よりも評価が低い結果に。

口惜しいじゃ、ありませんか^^;


アメリカ、シンガポールが高評価を受けたのは、投資家にわかりやすい情報開示も一因らしい。

日本の評価があまり高くないのは、マネパパも常に感じている情報開示の面と、長期保有者に対する税制優遇がないことも一因らしい。


投信信託を取り巻く環境では、「発展途上国」の日本ですが、

まだまだ、これから良くなるノビシロはたくさんあると、前向きに捉えることに^^;


インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング






スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/233-1c527ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。