Homeスポンサー広告STAM>インデックス・ウォーズ STAMの逆襲 エピソード2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス・ウォーズ STAMの逆襲 エピソード2

2010.10.20 Wed

戦いはまだ終わっていなかった。

いや、戦いというより、逆襲だ。


以前、『インデックス・ウォーズ STAMの逆襲』という記事で、

eMAXISやCMAMに対抗して、STAMが信託報酬を引き下げたことを話題に取り上げた。


だが、インデックス・ウォーズはまだ続いている。

基本的に差別化しにくい金融商品のため、戦場は限られてくる。

インデックス・ウォーズの戦場は主に3つ。


1.信託報酬などの保有コスト
2.販売窓口の拡大
3.情報提供能力


STAMは最重要である保有コストの戦場に「既存ファンドの信託報酬の引き下げ」という奇襲を仕掛けたことは、記憶に新しいところ。

そして、まだその余韻もまだ冷めやまぬうちに、今回は情報提供の戦場にも仕掛けてきた。

2010年10月4日
「STAMインデックスシリーズ」の専用サイトにマーケット情報を掲載致しました。

こんな画面↓


うおォ?、何かこんなの見たことがある。

間違いないアレだ。


eMAXISの専用サイトのアレだ。
こちらはこんな感じ↓


『eMAXISのサイトが新しくなった件について』

やっぱりどことなく似ている。

STAMはやはりeMAXISをかなり意識しているようだ。

そして、明らかな宣戦布告とみた。


ちなみに、eMAXISは第3回ブロガーミーティングでの報告でもわかるとおり、サイトの充実に力を入れているようだ。


このインデックス・ウォーズどこまで続くかわからないが、

個人的には、少しの信託報酬の差であれば、運用報告書なども含め、わかりやすい情報を提供する方が、

多くのファンを獲得し、最後は勝つんじゃないかな。

って思っている。

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング



スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

*

自由競争が激しくなるのはいいことですが、Webサイトの改良と行った「小手先」ではなく、もっと本格的なサービスアップがあるといいですねえ。

*

そうなんですよ。
せっかく良いサービス競争が始まったのに水をさすことになりますが、世界のREITさんが言われるように「小手先」でなく、運用報告書や交付目論見書をもっとわかりやすく解説するとか、ベンチマークとなる指数の情報とか、そういった本格的なサービスが始まるといいなって思っています。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/136-2bf577a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。