Homeスポンサー広告CMAM>7月のCMAMとeMAXISとSTAMの月次資金流出入額の比較(先進国株式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のCMAMとeMAXISとSTAMの月次資金流出入額の比較(先進国株式

2010.08.23 Mon

今回は7月の先進国株式インデックスの月次資金流出入額の比較。





(クリックすると拡大表示で2009年10月?2010年7月までの推移が見れます。「投信まとなび」から拾い出した数字をマネパパがエクセルにおとしたものです。)


2010年7月は、

CMAM 1.18億円に対し、

STAM 3.04億円、

eMAXIS 3.00億円。


な、なんとeMAXISの登場以来、今年の2月を除いてはSTAMはeMAXISに負け続けていたのだが、ここにきて逆転。

ほんのわずかだが。

おそるべし、STAM。


先月同様、CMAMが思った程あまり伸びていないのが気になる。

STAMやeMAXISに比べて販売戦略にストーリー性がないのが影響しているのかな。


ちなみにマネパパの7月のCMAMの買い付けは自動積立+スポット購入を実施。

(詳細は『7月のCMAM買い付け記録 自動積立日はズラした方がいい?』をご覧ください。)

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング

スポンサーサイト

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

*

STAMシリーズの中でも、「グローバル株式インデックス・オープン」は、特に、取り扱い販売会社が多いんですよねえ。
ネット証券以外のどこかで、売れゆき好調になりだしたのかもしれませんね。
http://www.sumishinam.co.jp/fund/lineup/detail/index.php?fund_id=69

*

返信が遅くなり大変申し訳ございませんm(__)m

販売会社の多さも今後の資金の流れに影響しそうですね。
あと、複数のインデックスファンドを取り扱う販売会社が、そのファンドをどう位置付けるかが今後の1つのポイントになりそうです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://etfkotukotu.blog120.fc2.com/tb.php/110-30cc2c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。