fc2ブログ
Home>投資信託全般(カテゴリ)  TotalPages3 prev next

毎月分配金の使い道はお小遣い?

2011.01.25 Tue

アンケートの結果が出た。

日興AMの投信ご意見番の「毎月分配型投資信託に関するアンケートの結果が。

日興AM投信ご意見番↓
アンケート結果「投資信託の分配金に関する意識」

マネパパのこのアンケートに関する回答記事↓
毎月分配型投資信託に関するアンケート


今回は、このアンケート結果について、いろいろ書いていこうと思うのですが。

その前に、

マネパパが勝手に思う「毎月分配型投信」の購入者、信者はというと。


年齢は60歳過ぎ。

先月、円満に40年間勤めた会社を定年退職。

もちろん、退職金ももらった。

長年連れ添った妻と2人で旅行でも行くことを計画。

でも、不安が。

それは、これからの生活費。

給料という安定収入を失くした今、頼るべきは年金。

しかし、その年金もアテにならない。

ならば頼るものは退職金。

せっかくまとまった大金を手に入れたんだ、有効に使わなければ。

そうだ、証券会社に行こう!

今まで縁はないが、資産運用のプロに相談してみよう。

何?投資しながら毎月分配金を貰える商品がある?

何?1万円あたり100円?

10万円なら1000円、100万円なら10000円、1000万円なら・・・。

ありがとう、○○証券のお姉さん。

これなら少しは豊かな老後が送れそう。

同期のアイツにも教えてやろう。


本当に勝手な想像で^^;

で、何が言いたいかというと、

毎月分配型投信を購入する人は主に、いわゆるリタイア世代で、

証券会社にそそのかされ、勧められ、

まとまって手に入れた退職金を今後の生活費の一部に充てようという目的の方が大半なのかなって。

思っていたのですが。


このアンケート結果を見て思ったのは、

もしかすると、リタイア世代の他に、第2の勢力として、

30代、40代の主婦層がいるのでは?

ということ。


なぜ、そう思ったのかというと、

今回アンケートに回答したのは、意外にも女性が約半数。

そして、全体の約7割は40代以下の人。

そして、毎月の分配金の使い道の結果は、

1位 貯金 40%  
2位 おこづかい(自由に使えるお金) 32%
3位 生活費の一部  22%

と、貯金やおこづかいが生活費を上回る結果となっている。


もちろん、マネパパは最終的な集計結果を見ただけで、

個々のアンケート内容を見ていないので何とも言えないのですが。


夫の給料はなかなか上がらない。

子供の教育費は年を重ねるごとに増えていく。

毎日、節約、節約。

私にも自由が欲しい。

私にも自由に使えるお金が欲しい。

そういえば、夫に内緒にしていたヘソクリが○十万円があった。

これを有効に使わなければ。

そうだ!証券会社に行こう・・・。


これも、全く想像上の話なのですが。


なぜ、こんな想像が出来たかというと、

うちの妻、過去に、

ヘソクリ目的で毎月分配型投信に手を出したことがあるから・・・。

(話が完全にそれたので、アンケート結果については次の機会に書こうと思います。)

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング


テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

もう1つの投資信託オブ・ザ・イヤー2010

2011.01.16 Sun

前回、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010の結果発表と、

マネパパ自身が投票したファンドについて書いてみたのですが。


実は、もう1つ、別にFund of the Year 2010があることご存知でしょうか?


正確に言うと、『投資信託オブ・ザ・イヤー2010』。

こちらは、マネー雑誌「あるじゃん」が主催のようで。


まあ、表現が若干違いますが。

(どちらが本家か、どちらが先か、という問題は別として。)


決定的な大きな違いが2つある。


1つは、『投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010』は、その名のとおり、

投信ブロガーである個人投資家が選ぶものに対し、

あるじゃんの方の『投資信託オブ・ザ・イヤー2010』は、資産運用の専門家8人で選んでいること。


もう1つは、その選ばれた上位ランキングの顔ぶれ。

こちらは投信ブロガーが選んだ上位5ファンド↓

1位 STAM グローバル株式インデックス・オープン
2位 eMAXIS 新興国株式インデックス
3位 バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF (VT)
4位 eMAXIS 全世界株式インデックス
5位 CMAM外国株式インデックスe


こちらは、あるじゃんの資産運用の専門家8人が選んだ上位5ファンド↓

1位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)
2位 JFザ・ジャパン
3位 JPM・BRICS5・ファンド「ブリックス・ファイブ」
4位 フィデリティUSリートB(為替ヘッジなし)
5位 HSBCブラジルオープン

詳細は、専門家8人がセレクト!2010年投資信託ランキングをご覧ください。

以上、ご覧頂いたように、全くカブリがありません^^;


どちらが正しい、とか、間違っている、とか、言うつもりは一切ありません。

選ぶ人が違うんだもん。

別に全く違う結果になっても当然と言えば、当然。


マネパパの認識では、「あるじゃん」は数少ないマネー雑誌の中でも、

入門者向け、または、「これからの人」向け。

しかも、この、あるじゃんの『投資信託オブ・ザ・イヤー2010』の話題は、

有名サイトAllAbout マネーにも掲載されている。



ここに5年前のボクがいる。いたとする。

5年前のボクは、これから自分の将来のこと、愛娘のことを考え、

今まで経験したことのない資産運用を始めようとする。

投資意欲満々だ。

だが、無知である。


きっと情報収集するだろう。

きっと書店に行ってマネー雑誌を買うのだろう。

きっとネットでも調べるのだろう。


そして、これらを参考にして、

きっと資産運用の専門家がお勧めするファンドを購入するだろう。


なぜなら、

プロが勧めているのだから。

なぜなら、

雑誌に掲載されているのだから。

なぜなら、

有名サイトにも掲載されているのだから。

なぜなら、

実際売れていて、多くの人が買っているのだから。


インデックス?何だそれ。

投信ブロガー?所詮素人でしょ。


それから、30年後のボクがここにいる。いたとする。

そして、自分に言い聞かせる。

あの時の選択は間違っていなかったはずなのに・・・なのになぜ?と。

そして、心の中でこう叫ぶのかも。

ないじゃん!って。

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

分配金引き下げでもオススメは毎月分配型投信

2011.01.09 Sun

今年も毎月分配型投信の勢いは続くのか。


前にも、『毎月分配型投資信託に関するアンケート』という記事のなかで、

マネパパの毎月分配型投信に対する考えを書いたのですが。


その存在を、それに投資する人を否定するつもりは毛頭ないのだが、

複雑な仕組みを作り出し、それを理解もさせずに「高分配」を謳い文句に投資家に勧める売り手側の姿勢は気にいらない。


そして、

SBI証券のサイトにこんなものが掲載されていた。↓
ピムコ・G・ハイイールド・ファンドの分配金引下げの意味と対処法

毎月分配型投信のピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンドの分配金が(1万口当たり)100円から85円に引き下げられ、

・なぜ分配金を引き下げたのか?
・引き下げ後のこの商品の魅力はどうなのか?

など、投資家の素朴な疑問に親切丁寧に解説してくれているわけで。

中でも目を引いたのが、

これまでの分配金100円のうち、30円が運用による分配で、残りの70円は資産の取り崩しによるものみたい。

そして、今回引き下げとなった理由はというと、

今のまま100円の分配を続けると、そのうち持たなくなるので運用側が早めに手を打った(引き下げた)とのこと。
(詳細はサイトでご確認ください。)


それは、それでいいのだけど。

そして、そういうことをオープンにするSBI証券の姿勢もいいのだけど。


一番気になったのは、

「今後の投信選びについて」ということで、

オススメは、通貨選択型の毎月分配型投信だということ。

もちろん、健全性を重視したものを勧めているのだけど。


なんだか、ネット証券も某大手証券会社も変わらないな、

そんな印象が・・・。


賢明な投資家のみなさまへ問題です。

毎月分配型投信から毎月分配型投信へ乗り換えることで、

一番確実に利益を上げることができのは誰でしょう?


インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング


↓2歳の男の子、修ちゃん、心臓移植手術のため、みなさまのご協力を必要としています。↓

クリックすると、「修ちゃんを救う会」の公式サイトに移動します。

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

毎月分配型投資信託に関するアンケート

2010.12.27 Mon

日興AMの「投信ご意見番」。

この夏に始まった日興AMの「投信ご意見番」に登録したのだが、

これまでのアンケートは、

円高について、とか、中国市場について、とか、

抽象的な漠然とした質問が多く、正直、がっかりしていた。

過去の記事↓
投資家の意見を届けよう!日興AMの投信ご意見番
日興AMの「投信ご意見番」の初アンケートの内容


このアンケートに答えることが、投資家のためになるのか、

運用会社のただの市場調査ではないか、

そんなことを思っていたのですが。


今回のアンケートは、なかなかなもので、

その内容も、ズバリ、毎月分配型の投資信託に関するもの。


実際、毎月分配型は大人気なわけで。

よく売れているわけで。

今の投信業界を支えているといっても過言ではないわけで。


その反面、一部?の専門家や投信ブロガーからは、ものすごく批判されているわけで。


とにもかくも、毎月分配型に関しては話題がつきない。

そんな話題の毎月分配型に関するアンケートです↓(日興AMより)

(注意)青字は質問事項、赤字はマネパパの回答です、選択した回答によって次の質問が変わるので、これがすべてではありません。

投資信託にはさまざまなタイプがありますが、特に人気なのは、運用している資産から「分配金」という一定の金額を毎月保有者に支払うタイプの投資信託です。(「毎月分配型の投資信託」といいます。)
日興アセットマネジメントでも、多くの毎月分配型の投資信託を運用しています。この毎月分配型の投資信託の認知、利用状況やご意見を把握するために、今回のアンケートを実施します。

○毎月分配金を支払っている投資信託をご存知ですか? (必須)
よく知っている
ある程度知っている
あまり知らない
全く知らない


○ご存知かどうかを問わず、毎月分配金を保有者に支払うタイプの投資信託に対してどのくらい魅力を感じますか? (必須)
非常に魅力を感じる
ある程度魅力を感じる
どちらともいえない
あまり魅力を感じない
全然魅力を感じない
よくわからない

○その理由をお書きください。(200字まで)
複利効果が得られない。(税金の問題も含めて)
自分の資産を取り崩している可能性もある。
共働きなので毎月のキャッシュは必要ない。



○毎月分配型の投資信託に対して魅力を感じないとお答えでしたが、その商品の存在に対してどう思われますか? (必須)
自分には魅力を感じないが、他の投資家にはその商品のニーズがあるので、存在は否定しない
そのタイプの商品は投資家のためにならず、どちらかというとない方がいい

下記の文章を読んで、それぞれに関して自分の意見に近いものを選んでください。 (必須)
○毎月分配型の投資信託の分配金の額が上がると、購入したくなる。
非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない


○毎月分配型の投資信託の分配金が高ければ高いほど、運用がうまくいっている。
非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない


○毎月分配型の投資信託の分配金の額が下がると、解約したくなる。
非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない

○毎月分配型の投資信託の基準価額の値動きよりも、分配金の方が気になる。
非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない

○毎月分配型の投資信託の分配金の額を高くするため、さらにリスクをとった運用をしても良い。
非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない



○「分配金利回り」という表現がたまに使われていますが、聞いたことはありますか? (必須)
ある
ない

次の文章を読んで、自分の意見に近いものを選んでください。
○「分配金利回りが高ければ高いほど、その投資信託を購入したくなる。」 (必須)

非常に賛成
ある程度賛成
どちらともいえない
あまり賛成ではない
全く賛成ではない

○毎月分配型の投資信託の保有状況について教えてください。 (必須)
現在保有している
現在保有していないが、過去に保有していた
保有したことはないが、これから保有することを検討したい
保有したことはないし、これから保有する気はない

○毎月分配型の投資信託を購入した理由を教えてください。(回答はいくつでも可能です。) (必須)
毎月手元に入る現金が欲しかったから
投資の成果を実感したかったから
販売員に勧められたから
友人、家族などの知り合いに勧められたから
雑誌や新聞、インターネットなどで人気があったから
紹介された商品に毎月分配型の投資信託しかなかったから
毎月の分配金があるかを問わず、その商品がほしかったから
購入時には、毎月分配型であることを特段意識しなかった
特に理由はない。なんとなく。
その他(○村に騙されたから)


○保有している(もしくは保有していた)毎月分配型の投資信託の分配金を受け取っていますか?もしくは再投資していますか? (必須)
そのまま受け取っている
再投資している
受け取っているものと再投資しているもの両方ある
わからない


○毎月受け取っている分配金の使い道を教えてください。(回答はいくつでも可能です。) (必須)
生活費(定期収入)の一部として使う
おこづかい(自由に使えるお金)として使う
ローン、家賃などの定期的な支出に充てる
貯金をする
その他
特に使い道はない

○毎月分配型の投資信託の分配金の支払いが続かない可能性があることについてどのくらい不安に思っていますか? (必須)
非常に不安
ある程度不安
どちらともいえない
あまり不安ではない
全く不安ではない

○投資信託を購入する際、どのような条件を重視しますか?最も大切な条件を3つまでお答えください。 (必須)
分配の頻度が多い
分配金の金額が多い
手数料(販売手数料、信託報酬)が安い
組み入れている資産が投資したいものである
すでに口座を持っている販売会社で販売している
特定の運用会社の商品である
分配金の頻度が少ない
分配金の金額が少ない
インデックス運用である
売れ筋の商品である
基準価額の過去の実績が良い
評判が良い
人に勧められた
値動きが緩やか
高いリターンが期待できる
運用資産残高が大きい
雑誌などの特集で紹介された
その他
投資信託を購入しない


と、以上で終わり。

ちなみにマネパパが答えたアンケートの回答で、

おや?

と感じた方もいる方思いますが、

マネパパ自身は毎月分配型の投資信託を購入したことはありません。

が、

妻が○村に勧められて購入した、わけのわからないハイイールド債の通貨選択型の毎月分配型の投信を購入した過去があるので、

そのことも踏まえて回答。

(妻はおかづかい、というより自分のヘソクリにしようと目論んでいたようで。)


マネパパ自身としては、毎月分配型投信の存在を、また、それに投資する人を否定するつもりはありません。

が、

ただ、わけのわからない複雑な仕組みを作り出して、それを投資家に理解もさせず、

「高分配」を謳い文句に投資家を欺こうとする運用会社や販売会社の手法には賛同できません。



そんな想いで、今回、回答した。

いろいろと書き出すと、愚痴も含めて長くなりそうなので、機会があればその時でも。


今回のアンケートの集計結果は日興AMが公表するようなので、

公開されれば、また紹介しようと思います!


インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング


↓2歳の男の子、修ちゃん、心臓移植手術のため、みなさまのご協力を必要としています。↓

クリックすると、「修ちゃんを救う会」の公式サイトに移動します。

テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー

MHAMインデックスシリーズ登場?

2010.11.04 Thu

たまたまモーニングスターを寝る前に見てたら、

こんなの発見。

ファンド新設情報(11月4日):「MHAM 外国株式インデックスファンド」など4本

詳細がわからなかったので、

投資信託協会のHPで信託報酬などを確認。

http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10111.pdf

MHAM外国株式インデックスファンド 信託報酬0.75% 買付手数料0円
MHAM日本債券インデックスファンド 信託報酬0.43% 買付手数料0円
MHAM外国債券インデックスファンド 信託報酬0.70% 買付手数料0円

既存のMHAM株式インデックスファンド225と合わせて、

新しいインデックスシリーズとなるのかな。

販売会社はどうなのかな。

インデックス投資ランキング
投資信託ランキング
資産運用ランキング


テーマ:投資が大好き - ジャンル:株式・投資・マネー